蝶理の電池関連ビジネス

蝶理が電池に携わった歴史は古く、乾電池用の素材に始まり、現在主流となっているリチウムイオン二次電池に至る迄、20年以上になります。

長年の経験で培った知識,ネットワークを通じ、ニッケル,コバルト,マンガン,リチウムといった原料から、電池に使用される素材,部材をご提供します。

■リチウムプロジェクト

マンガン、ニッケル、コバルト、リチウム塩類などの原材料を始め、正極材、負極材といった川上から川下まで至る電池を構成する材料の

トータルコーディネイトが可能です。

南米チリ・マリクンガ塩湖におけるリチウム塩プロジェクトに参画しています。

中国製リチウム塩類と併せ、かん水,スポジュメン鉱石といった原料ソースや製造国などの様々なニーズにお応えする体制を整えています。


■原材料販売■  

マンガン、ニッケル、コバルト、リチウムなどの原材料を始め、正極材、負極材など川上から川下に至るまでの電池を構成する主要な材料を、

蝶理のグローバルネットワークを通じてご提供します。