中国の硝酸市場(7月)



みなさま、如何お過ごしでしょうか。COVID-19の影響で在宅勤務が中心になり、私も座っているのがソファであるため、腰痛が酷くなる一方です。

アフターコロナ以降は、在宅勤務が一般的になる時代が本当にやってきそうですね。

そんな中、久々の投稿となりましたが、7月の硝酸市場動向は下記の通りです:

・7月の中国国内の硝酸市場はCOVID-19の影響から立ち直り、市場価格はV字回復傾向にあり。硝酸の価格は$85~$150/MT上昇した。

・月末時点での国内98%濃硝酸の価格は$1,341/MTであり、前月比1.82%、前年比20.08%上昇し、COVID-19以前の水準まで確実に戻ってきている。

・国内の硝酸サプライヤーは定修のため、供給は大きく落ち込んだものの、主な用途であるアニリン、染料、軍事業界の需要もCOVID-19の影響で操業が制限されており、硝酸の需給バランスは取れている状態。

・2020年6月の硝酸輸入量は前月比56.26%アップで9,468MT。平均輸入価格は前月比から28.17%ダウンの$141.21米/MTであった。

・2020年1-12月の硝酸輸出量は前月比96.65%アップの1,830MT。平均輸出価格は前月比28.25%ダウンの$287.25/MTであった。

上記輸出入からも分かる通り、中国は完全にCOVID-19による経済停滞から抜け出し、硝酸サプライヤー、硝酸ユーザー共に操業状態を回復させてきておりますね。

市場価格においては、COVID-19による需要減で各国のサプライヤーが多くの在庫を抱え、少しでもそれを捌こうとして価格がどんどん下落してきていることが分かるかと思います。

今後もしばらくはCOVID-19の影響が世界各国で続くことから、市場の硝酸需要は回復していくが、在庫を捌けさせるため市場価格は落ち続けていきそうです。