中国や韓国といった東アジア圏はもちろんのこと、東南アジア、インド、北米・南米、中東、ロシア、欧州地域での業容拡大を目指しています。特にインドやロシアは、当部で取引比率が高かった中国の第2の仕入ソースの開発拠点として注目しています。最後のフロンティアといわれるアフリカ市場にも挑戦し、まさに世界規模でビジネスチャンスを模索し続けます。

米中貿易摩擦やコロナウィルスの影響により、サプライチェーンの不安定化が懸念されております。BCPの観点からも、お客様の仕入ソースの拡大に少しでも貢献させていただくべく、ニーズに即した原料をご紹介させていただきます。

在宅勤務に則したCPS(Chori Partnership System)CPO(Chori Partnership Outlet)といったデジタルを活用したサービスの開発も進めております。是非ともお気軽にお問い合わせください。(第2課 課長 三浦美法)

関連コンテンツ

専門分野に特化した当部事業のご紹介です。